カードローンが通るかどうかの瀬戸際というのはどのあたり?

カードローンが通るかどうかの瀬戸際というのはどのあたり?

カードローンの審査では通るかどうかがわからないのでドキドキしますが、圧倒的にお金持ちの人や正社員の人はそこまで心配しなくても通るのだろうと思います。ただ、その通るかどうかの瀬戸際というのはどのあたりなんでしょうか。

通るかどうかの瀬戸際くらいの人って必ずいると思うんですが、そういう場合はなにがきっかけで審査を通したり落としたりするものなのでしょうか。判断が難しいかと思いますが、よろしくお願いします。

通るかどうかの瀬戸際がはっきり決まっているわけではない

実はカードローンや消費者金融というのは審査をするにはするけれども、通るかどうかの瀬戸際というのははっきりと決まっているわけではないのです。ですから例えば収入が後1万円多ければ通ったというようなものではないと考えていいでしょう。その辺りはざっくりした審査になっていると考えて構いません。

実際のカードローンや消費者金融の審査というのは確かに年収はこのくらいあればというように決まっているものですが、1万円や2万円の収入差などはあまり考えなかったりします。他にも職場がどういうところかによっても変わったりするのですが、それらも職場によって差を大きく持っているというわけではありません。

このカードローンや消費者金融の審査で重要な事は、全くダメだという人たちだけは決まっているということです。無職の人、収入が全くない人、主婦でも同意書がない人、総量規制を肥えて貸出をしてほしいという人、その他いくつかの項目が決まっているのです。こういう絶対にダメな人というのは存在すると考えていいでしょう。

昔からこの消費者金融や銀行系カードローンの審査というのは基本的に属人的で人の判断がかなり入っているものと考えられています。人によって判断が分かれるし、その時の状態によっても判断がわかれるというわけです。たくさんの契約者を増やそうという会社の方針の時には審査が甘くなる傾向にあるなどもあるので通るかとおらないかの瀬戸際というのは存在しない、そういう風に思っていいでしょう。

初めてのカードローン審査で通るかどうか心配な方は

社会人になると予想外の出費が増えるものですが、給料分を使い切ってしまったからと言って、会社に給料の前借りを頼むわけにはいかないため、どうしてもお金が必要な場合は、どこかで調達する必要があります。友人・知人に頭を下げて借りるのは心苦しいことなので、そんな気持ちにならなくて済むようなところから借りるようにしましょう。

初めて借金したいという人でも、気軽に利用できるのがカードローンです。これは銀行や消費者金融が行っているものなので、利用したいときはそちらに申し込まなければなりません。担保や保証人は必要ありませんし、使用用途は自由なので、どんなことに使ってもOKです。冠婚葬祭に出席しなければならないときや、飲み会や合コンに誘われたとき、病気やケガの治療費が必要なときなど、どんな用途にでも使えるので、いざというときは頼りにするようにしましょう。

カードローンの申し込みは店頭へ行くと、その場で受け付けてくれるので早いですが、自宅や外出先からでは、お目当ての銀行や消費者金融が見つけられない可能性もあります。ですがそんなときでも電話やインターネット申し込みを行えば、店舗に行かなくても済むので安心してください。電話の場合は営業時間内のみですが、インターネット申し込みなら24時間365日いつでも受け付けているので、どんな時間でも申し込むことが出来ます。申し込むとすぐに審査が行われ、それに合格すれば、すぐにお金が手に入るので初めての方でも簡単です。ですが100%誰でも合格するというわけではないので、もし審査に落とされたらどうしようと不安に感じる方もあるかも知れませんね。

初めてのカードローン審査で通るかどうか心配な方は、厳しい審査のところは辞めて、甘い審査で知られる消費者金融に申し込むようにしましょう。銀行は多少審査に厳しいところがありますが、消費者金融はそうでもないので、銀行に落とされたとしても諦めないでください。